ヴェゼルのライバル車って何?

ヴェゼルの値引きはライバル車競合もからめよう

ホンダの車の値引きの基本は異資本ディーラーの車を競合させる「同士競合」です。

 

ただ、同士競合されるのはホンダの営業マンもわかっているので、「またか…」と思われることもあります。場合によっては、別のホンダディーラーの話をしたら「そちらで買われても構いませんよ」と言われてしまいかねません。

 

そういったときに、ライバル車の競合が役に立ちます。「実はジュークとも迷っていて、結構値引きもされそうなんだよね」などと言えば、商談に緊張感が生まれます。同士競合ばかりされるところに、急にライバル車の話が持ち上がると、営業マンのやる気のスイッチが入る可能性があります。

 

ライバル筆頭は日産ジューク

 

ジュークはヴェゼルに比べてずっと売り上げは低いですが、独特のデザインをしており一部に熱狂的に人気があります。また欧州車の雰囲気があるのでオシャレに敏感な人もジュークを選択肢に入れやすいです。そのため、ホンダ側もジュークは多少警戒しているところがあります。

 

また、ジュークはヴェゼルより価格帯が安く、値引き幅も大きいため、ジュークが値引きできた、と聞くと「お客さんを取られるかも」という緊張感が生まれます。

 

なので、ジュークを競合させるときは「ジュークはデザインが好き」「価格が安い」というところアピールしていくと値引きが引き出しやすいです。

 

RVRも競合相手になる

 

RVRはヴェゼルと価格帯がそっくりなので、値引き合戦に持ち込みやすいという特徴があります。三菱側もヴェゼルが相手だとやる気を出してガンガン値引きする傾向があるので、その見積書を持ってホンダに行けば競合相手になります。

 

ただ、RVRは売れ行きがよくないので場合によってはホンダから相手にされない可能性もあります。なのでアプローチとしては予算の都合を全面に出すとよいでしょう。「RVRが予算以内まで値引きできていて迷っている。ヴェゼルがもう一声値引きできるならヴェゼルにしてもいいんだけど…」のような形で攻めましょう。

 

まとめ

 

ヴェゼルの場合、ライバル車競合は決め手にするにはやや頼りない面があります。しかし、同士競合が煮詰まった時に、商談に刺激を与える意味合いでは効果があります。手持ちのカードは1つでも多いほうが交渉が有利になるので、あらかじめジュークやRVRの商談をしておくのはよい手でしょう。