クロスオーバーSUVを選ぶ際のポイント

基本性能をよく調べる

アウトドア用途の意味合いが強かったクロスオーバーSUVですが、今はさまざまな車種が発表されており、スペシャリティカーや街乗り用途などの側面をでの購入を考える人も出てきています。

 

車高の高い車に乗っていて、もう低い視点の車に乗りたくないという人もいるでしょうし、悪路は走らないけどアウトドアの雰囲気を楽しみたいからSUVを選ぶという人もいるでしょう。こういったニーズにこたえるために発売されているのが今のSUVなのです。

 

そういった意味で、平均点が高いのはヴェゼルとエクストレイルとなります。特に、日常用の自動車として、街乗りやレジャーを家族と楽しむといった場合は、コンパクトサイズながら広い車内空間を実現したヴェゼルが最適と言えます。

 

現在のSUVは車種によって特徴が異なり、何を選んでもよいということはありません。用途に合わせて選択しないと、大外れとなる可能性もあるのです。

 

そんな中、FFや4WD、そしてガソリン車とハイブリッド車の選択肢があり、好みで選択できるヴェゼルはさまざまなユーザーの希望を叶える受け皿の広い車と言えるのです。

 

また、ヴェゼルは車体価格がおよそ200万円、ハイブリッドだと220万円ほどになるため、あまりアウトドアでは使わないだとか、街乗りが中心になるようであれば、フィットなどのコンパクトカーを選択するのも手なのではないでしょうか。ヴェゼルに比べてパワーは落ちますが、燃費は35km/リットルと大幅に優れており、経済性はフィットに軍配が上がります。